太陽光発電と蓄電池

太陽光発電のデメリットとして夜間に発電することができないことがあります。
太陽光を発電エネルギーに転換するのだから、当然と言えば当然でしょう。
そのデメリットを解消するために必要不可欠なのが蓄電池です。
溜めておけない電力を溜めておける唯一のアイテムだと言えるでしょう。
これさえあれば、日中に発電して溜めておいて夜間でも利用することが可能となるのです。
実際にテレビCMなどを見ても太陽光発電と蓄電池をセットにして売り出しているところが数社見られます。
この組み合わせは、どの発電システムよりも環境の負荷が少なく爆発・炎上の危険性もない安全な発電システムだと言えるでしょう。
まだまだ普及率は高いとは言えませんが、企業はもちろん国民一人一人の意識が変化していけばきっと太陽光発電&蓄電池の組み合わせが日本全国で利用されるようになるでしょう。
未だに設置していない家庭があるのなら、ぜひ利用してほしいと願っています。

get( 'keyword', 1 ) ?>
get( 'comment', 1 ) ?>