暮らしの中に太陽光発電を 話題の太陽光発電を取り入れてみませんか? Thu, 23 Oct 2014 11:20:40 +0000 ja hourly 1 http://wordpress.org/?v=4.0.10 太陽光発電と蓄電池 /ibushuki-hikaku-kentou/tikudnti/ /ibushuki-hikaku-kentou/tikudnti/#comments Mon, 10 Feb 2014 14:03:21 +0000 /?p=77 太陽光発電のデメリットとして夜間に発電することができないことがあります。
太陽光を発電エネルギーに転換するのだから、当然と言えば当然でしょう。
そのデメリットを解消するために必要不可欠なのが蓄電池です。
溜めておけない電力を溜めておける唯一のアイテムだと言えるでしょう。
これさえあれば、日中に発電して溜めておいて夜間でも利用することが可能となるのです。
実際にテレビCMなどを見ても太陽光発電と蓄電池をセットにして売り出しているところが数社見られます。
この組み合わせは、どの発電システムよりも環境の負荷が少なく爆発・炎上の危険性もない安全な発電システムだと言えるでしょう。
まだまだ普及率は高いとは言えませんが、企業はもちろん国民一人一人の意識が変化していけばきっと太陽光発電&蓄電池の組み合わせが日本全国で利用されるようになるでしょう。
未だに設置していない家庭があるのなら、ぜひ利用してほしいと願っています。

]]>
/ibushuki-hikaku-kentou/tikudnti/feed/ 0
太陽光発電による電力の売電収入を知りたい /dokuji-hojo-kagosima/baidensyunyu/ /dokuji-hojo-kagosima/baidensyunyu/#comments Mon, 23 Dec 2013 06:31:34 +0000 /?p=73 太陽光発電を設置するかを検討する際、一番気になることは、どのくらいの発電量が期待でき、電気代がどのくらい節約できて、売電収入がどのくらい入るのか、ということではないでしょうか?
せっかく高額な費用をかけて設置するわけですから、電気代のカットと、設置費用を回収できる売電収入を期待するのは当然です。
指宿市で太陽光発電を設置した場合にどの程度の売電収入になるのか、実際のご家庭の事例でチェックしてみましょう。
寒さが厳しくなる1月は買電金額は7800円ですが、売電収入は20000円にのぼっています。
2月には14000円程度に売電収入が下がるものの、陽が長く強くなってくる春にはどんどん増加し、日差しの強く過ごしやすい5月には19000円と、年間で最大の売電収入が得られています。
梅雨時期は発電量が少なくなるので、売電収入が2300円程度にしかなりませんが、8月には12000円の売電収入が入っています。
このご家庭では毎月の電気代は季節により5000円~8000円程度で、平均して毎月10000円程度のプラス収益になっています。

]]>
/dokuji-hojo-kagosima/baidensyunyu/feed/ 0
メガソーラー鹿児島 /dokuji-hojo-kagosima/megakagosima/ /dokuji-hojo-kagosima/megakagosima/#comments Mon, 11 Nov 2013 06:30:29 +0000 /?p=72 今、鹿児島県では再生可能エネルギーの導入として、大規模な太陽光発電「メガソーラー」に注目が集まっています。
もちろん、「電力の固定価格買取制度」 がスタートして以来、日本全国で「メガソーラー」の計画が立ち上がっていますが、特に、国内最大の70MWのメガソーラー発電所を鹿児島市内に建設する計画は注目を集めています。
さらに、個人の家庭でも太陽光発電システムの設置をする事例が増えています。
その際には、注意しないといけない点があります。
まず、必ず複数の業者から見積もりを取ることです。
設置するそれぞれの家の屋根の形状、屋根の傾き、方角が異なり、発電量も変わります。
また日照時間も発電量を決めるために重要な要素です。
このような要素を考慮してしっかり見積もって比較して下さい。
また。
どのメーカーの装置をつけるかを費用対効果を元に決めて下さい。
どのメーカーが住んでいる家に向いているのかは、前述した手見積もりで比較検討することになります。
施工業者については、メーカーの指定する施工業者の講習会を卒業したメーカーの指定する正式な施工業者を選びましょう。
また、現在太陽光発電を設置するための補助金制度が国、そして鹿児島、そして鹿児島の各市町村にありますが、補助金の予算が限られているので、、早い者勝ちとなっています。
また。
装置についてはメーカーによる10年保証がありますが、メンテナンスをしっかりすれば、通常20年ほど使用し続けることができます。
そのようなメンテナンスをこまめにやってくれる業者を選んで下さい。

]]>
/dokuji-hojo-kagosima/megakagosima/feed/ 0
鹿児島に住んでいる方が快適な暮らしのために便利に電力を利用する方法 /ibushuki-hikaku-kentou/benririyou/ /ibushuki-hikaku-kentou/benririyou/#comments Thu, 03 Oct 2013 05:58:37 +0000 /?p=70 私たちが生きていくために必要なものとして浮かぶのは、
まずは水と食べ物だと思います。
この2つがあって雨露しのげる場所があれば何とか生きていくことは可能でしょう。
ですがこれだけでは私たちの多くの欲求は決して満たされませんよね?
すでに便利で快適な暮らしにどっぷりと浸かっているので、
欲求は尽きないことと思います。
水と食べ物があっても常に冷たい飲食物では困りますよね。
温かいコーヒーやご飯を食べたいでしょう。
暗くなれば明かりをつけたいですし、
暑かったり寒かったりすればエアコンだって使いたいでしょう。
とにかく今の私たちの暮らしの中で電気のない暮らしは到底考えられませんし、
万一電気が無くなれば私たちの生命すら脅かすことにつながりかねません。
つい最近まで私たちは電気をまるで湯水のように使ってきました。
しかしながら福島原発の事故を契機に一挙に電力事情は様変わりして、
現状ではまたいつ強い停電が求められたり、
計画停電に巻き込まれるか分かりませんよね。
こういった状況は福島原発から遠く離れた鹿児島でも同様の状況ですので、
私たち自身がもっと電力について、
真剣に向き合って行かなければならないのかもしれません。
今でも多くの家庭が電力会社に全ての電力供給を依存しておりますが、
これからの時代は、
私たち自ら発電して使っていくような、
電力の自給自足が必要なのではないでしょうか。
こういったことを考えていく中で、
各自が自宅に太陽光発電を設置すれば、
今後も快適な暮らしが保障されるのではないかと思います。
太陽光発電に必要なエネルギーは、
あくまでも太陽だけですので発電コストはフリーです。
自家発電すれば自由にその電力を利用できますのでとっても便利ですよね。
鹿児島は太陽光発電を効率的に行うために必須の、
長い日照時間を有する地域ですので、
設置すればたくさんの発電量が期待でき、
普段の生活を快適にしてくれるだけではなく、
台風などによって停電に見舞われてしまった場合でも、
太陽光発電は動き続けてくれるので、
安心して電気製品などを使用することが出来ます。
鹿児島に住んでいる方が将来にわたり快適な暮らしを続けていくためには、
太陽光発電の設置が不可欠と言えるでしょう。

]]>
/ibushuki-hikaku-kentou/benririyou/feed/ 0
鹿児島の太陽光発電とメガソ-ラ- /ibushuki-hikaku-kentou/mega/ /ibushuki-hikaku-kentou/mega/#comments Thu, 19 Sep 2013 05:56:48 +0000 /?p=69 今から2年前、日本中を恐怖のどん底に陥れた東日本大震災が起きました。
その被害は、地震で家屋倒壊、火災、その後の大津波で莫大な数の人が溺死し、東北地方を壊滅状態にしてしまいしまた。
そして、それだけでは被害は収まらず、福島の原子力発電所が、建物を崩壊を起こし、原子力が外部に流出し、日本はおろか世界中に放射能をまきちらしたと言われています。
地震、津波の被害は、一過性ですが、放射能汚染の被害は一過性ではなくて、今も続いています。
何万人という人が放射能被害から避難するために、自宅を放棄して不便な生活を強いられています。
原子力発電に対する凄まじい拒否感が日本中に出来上がり、発生当初は千年に一回の地震だから・・・なんていう論調が一部にはありましたが、いまや原子力発電は、絶対にダメ、未来永劫絶対にダメという世論が構築されました。
とはいうものの、原子力発電に頼っていた日本の電力事情は、ここにきて大きく方向転換を余儀なくされるようになりました。
原子力発電に頼らない代替発電方法、火力発電、水力発電、そして無尽蔵に降り注ぐ太陽光を電気に転換する太陽光発電等に、俄然注目が集まるようになりました。
ここ鹿児島では、あの京セラが音頭を取って3社で、大規模な太陽光発電所を設立しました。
場所は鹿児島湾岸の桜島に対面する埋立地の決めて、127万平方メートル(東京ドーム27個分)の場所に、太陽電池モジュールを29万枚の設置しています。
70MWの発電能力により、年間で7万9000MWh(メガワット時)の電力を作り出しています。
東京電力の川崎市で稼働を開始した「扇島太陽光発電所」は、13MWの発電能力があり、それを超える発電能力を誇ります。
2万以上の家庭に電力を供給できるこの発電量は、鹿児島の電力供給事業に、素晴らしく貢献しています。
全国でこのようなメガソ-ラ-が建設されていますが、この「鹿児島七ツ島メガソーラー」クラスの物は、なかなか見当たらないようです。

]]>
/ibushuki-hikaku-kentou/mega/feed/ 0
光発電を最大限、利用する /ibushuki-hikaku-kentou/saidairiyou/ /ibushuki-hikaku-kentou/saidairiyou/#comments Sat, 03 Aug 2013 05:54:58 +0000 /?p=68 鹿児島で太陽

太陽の光を上手に利用すれば、家計に良い影響が出ます。
太陽光を上手に利用する方法として有名なのが、太陽光発電ではないでしょうか。
太陽光発電というのは、太陽の光があれば利用することが出来ます。
そのため、太陽の光があれば、どのような場所でも利用出来ます。
太陽光発電を利用する場合は、専門の業者の力を借りると思いますが、他の発電方法だと難しいことも太陽光発電なら出来るでしょう。
鹿児島で太陽光発電を考えている場合は、太陽光発電の設置を頼む業者を慎重に選ぶ必要があります。
鹿児島県は、離島も多いため、同じ鹿児島県でも設置をするのが難しくなる場合があります。
離島の場合は、交通手段も限られてくるため、設置までの費用が少し変わってくる可能性があるでしょう。
他の燃料のように、何度も運ぶ必要があるものでは、運ぶ費用も考慮しないといけませんが、太陽光発電の場合は太陽が直接届けてくれるので便利です。
鹿児島県のように離島が多い地域こそ、太陽光発電を利用した方がいいかもしれません。
太陽光発電を鹿児島で考えているなら、設置費用が心配になると思います。
太陽光発電を設置することを検討している場合は、補助金が出ないか調べると良いでしょう。
離島のように、設備を運ぶのに少し費用がかかる場合は、補助金を利用した方がお得だと思います。
太陽光発電を設置する場合は、家の方角も気にするといいと思います。
自宅に太陽光発電を設置したら、どの程度発電することが出来るかをシミュレーションできる場合もあるので、事前にどの程度発電できるか調べているといいでしょう。
一度設置してしまえば、長い間利用することが出来る太陽光発電。
太陽の光を運ぶコストというのは存在しません。
その太陽光を利用した太陽光発電を、最大限利用できるように計画を立てるといいと思います。
設置してみて、良いものだと感じたら、太陽光発電の設備を増やすのもいいかもしれません。
自然の恵みを最大限利用して便利に暮らしたいものです。

]]>
/ibushuki-hikaku-kentou/saidairiyou/feed/ 0
ハロゲンヒーターの為に /ibushuki-hikaku-kentou/harogen/ /ibushuki-hikaku-kentou/harogen/#comments Wed, 17 Jul 2013 05:51:04 +0000 /?p=67 今は電気代がそれほどかからない生活をしているという方でも、
ある日を境に突然大きな電気代が生じる生活を過ごす事になりかねません。
私も以前はそれほど電気代が大きくない生活を過ごしていたのですが、
友人の家が石油ファンヒーターが原因で火事になった事がきっかけで、
大きな電気代がかかる生活を過ごす事になってしまいました。
そして、その電気代のコストをどうにか下げたいと考えて太陽光発電を導入したのです。
私の家では以前は冬場の暖房器具といえば石油ファンヒーターが定番でした。
石油を補充するだけで電気代を殆どかけずに冬の寒さを凌げるということで、
電気代が上がっている今でもコストパフォーマンスの良い暖房器具だと思っています。
しかし私の友人の家が石油ファンヒーターが原因で火事になってしまったと聞き、
私の家にある石油ファンヒーターは少し型が古いものだったので、
我が家も火事になってしまうのではないかと不安になってきたのです。
友人の家にあった石油ファンヒーターも古い型のものだったと聞くと更に不安になり、
石油ファンヒーターの使用を止めてハロゲンヒーターを利用する事にしたのですが、
冬の指宿市の寒さを凌ぐにはかなりの電力を使用しなければいけませんでした。
ハロゲンヒーターはコストパフォーマンスとしてどうなのだろうかと考えたのですが、
ハロゲンヒーターは石油ファンヒーターと違って電気だけで暖まる事が出来るので、
電気代を節約する事が出来る太陽光発電と組み合わせれば、
かなりコストパフォーマンスの良い暖房器具になってくれるのではないかと思ったのです。
実際にコストを計算してみても中々のコストパフォーマンスの良さですし、
電気を使ったヒーターの方が火事が起きる確率も少ないだろうと思うので、
これは太陽光発電を導入してみようと決断するに至りました。
実際に太陽光発電を導入してみて思ったのが、
出掛けてる間も発電し続けてくれるというのは本当に頼りになる感じがします。
ヒーターをつけていない間も省エネのお手伝いをしてくれる訳ですから。

]]>
/ibushuki-hikaku-kentou/harogen/feed/ 0
鹿児島で買うなら発電効率も /dokuji-hojo-kagosima/hatudenkouka/ /dokuji-hojo-kagosima/hatudenkouka/#comments Sat, 15 Jun 2013 05:49:46 +0000 /?p=66 鹿児島は温暖な気候で、しかもさんさんと太陽の降り注ぐ地域です。
そんな地方ですので太陽光発電を設置するのには非常に適しています。
もしも鹿児島で太陽光発電を設置するなら初で効率のいいものを選んでもらいたいと思いました。
これは当たり前のことなのですが、それぞれのメーカーによる発電効率の違いがありますので、よく調べてから選んでもらいたいと思います。
例えば太陽光発電パネルですが、これ自体発電効率の違いがあるのです。
沢山発電してくれるタイプですと少ないタイプに比べて二倍近くの発電量があります。
また他にも注目してもらいたいのはパワーコンディショナです。
このパワーコンディショナは作った電気を家庭用の電気に変換してくれるのですが、作った電気は100パーセント返還できるというわけではありません。
少しはロスが生じてしまうのです。
しかし優れた変換率を持っているパワーコンディショナの場合でしたら何と95パーセントもの変換率を持っています。
これはもう殆ど作った電気を家庭用に使えるということになるのです。
無駄があまりにも多いと非常に勿体無いですので、太陽光パネルの発電効率のみならず、パワーコンディショナの能力にも注目をしてもらいたいと思います。
パワーコンディショナは外に設置するものではありませんしあまり目立たない部分ではありますが、太陽光発電システムの中ではかなり大きな意味を持つ部分でもあるのです。
鹿児島のさんさんと降り注ぐ太陽の恵みを無駄にしないシステムを使用してもらいたいと思います。
また、太陽光発電システムでどれだけの発電量が望めるのかについてですが、これはちゃんと屋根の調査をした上で具体的な発電量が分かります。
必ず屋根の調査をしてもらってから発電システムを取り入れるようにしてもらいたいと思いました。
沢山発電できれば売電することもでき、儲けることもできるのです。
当然鹿児島の電力会社も売電を受け付けていますのでこちらにも注目してください。

]]>
/dokuji-hojo-kagosima/hatudenkouka/feed/ 0
太陽光発電の設置費用 /sisutemu-kakakusouba/settihiyou/ /sisutemu-kakakusouba/settihiyou/#comments Wed, 01 May 2013 13:08:07 +0000 /?p=63 太陽光発電を設置するには、どれだけのお金が必要なのでしょう。
地球環境に優しい次世代の発電方法として、全世界が注目しています。
安い買い物ではないことは安易に想像がつきます。
太陽光発電システムを取り扱うメーカーは国内外にたくさんあります。
いったいどの製品がよいのか悩むことでしょう。
一つのメーカーで数個の商品を出しているのが当たり前です。
ショールームに足を運び、見てまわったとしても混乱するだけです。
そういう時は販売業者を頼りましょう。
まず複数の業者から見積もりをとります。
そして現場を見てもらい設置費用を提示してもらいます。
その上で、月々どのくらいの発電量を見込めるかを聞くのです。
設置費用の平均はおおよそ100万円だと考えましょう。
決して高価だから品質も良いというわけではないのです。
すぐに契約をしないでじっくり検討してほしいです。
それは各業者により金額も選ぶ商品のメーカーも異なります。
ソーラーパネルを設置する環境によって、発電量は変化します。
屋根の形状により設置可能最大枚数が決まるのです。
設置する枚数が多ければ、その分だけ発電量は増えます。
しかしその分だけ設置費用が高くなります。
そのことを想定に入れているので、ソーラーパネルによりつくれる電気の量が違うのです。
よく考えて選びましょう。
注意する点は日当たりです。
南向きなら太陽の光をたくさん浴びることができます。
東向き、西向きではそれなりに太陽の光を浴びることができるでしょう。
しかし北向きの場合、それは望めないのです。
このように屋根の向きだけでもつくることのできる電気量を予測できます。
また屋根が傷んでいれば、補強工事などが必要になります。
100万円かかるといわれると高いと思うはずです。
しかし、太陽光発電でつくられた電気をつかうので、電力会社から購入する電気量は減少します。
そしてつくった電気のうち余ったものは、電力会社に売ることができます。
それを約12年間続けていくことで、設置経費を回収できるといわれているのです。
節電などの工夫をかさねれば、もう少し早く回収することも可能となるでしょう。
長い目で見て考えることが大切です。

]]>
/sisutemu-kakakusouba/settihiyou/feed/ 0
指宿市の太陽光発電と他の違いについて /ibushuki-hikaku-kentou/hokatigai/ /ibushuki-hikaku-kentou/hokatigai/#comments Mon, 08 Apr 2013 13:07:02 +0000 /?p=62 指宿市で太陽光発電を設置するのと他の地域で設置するのとでは何か違いがあるのでしょうか。
基本的には何も違いはありません。
決して豪雪地帯などではありませんので融解装置などもつける必要はありませんし普通に設置することができます。
ですので発電機を取り付けることについて特に何か気にすることはありません。
ただ、このようなことに気をつけてもらいたいと思います。
それは信頼できるメーカーの発電機を取りつけてもらうことです。
機械ですのでどれだけ万全に作っても必ず一台くらいは不具合の出るものがあります。
しかしメーカーがしっかりとしていますとそのような不良品に対してしっかりと保証してもらえるのです。
勿論どこのメーカーでも保証をつけてくれるのですが、この保証はあくまでも会社があるからこそ受けられるものだということは忘れてはいけません。
もしも最近できたばかりのメーカーであまり実績が無いのでしたら、そこのメーカーのものはできるだけ避けたほうがいいと思います。
いざ保証を受けようとしてももうそのメーカーがつぶれてなくなっていれば保証が受けられなくなってしまうからです。
このようなことがありますので老舗のメーカーで購入してもらいたいと思います。
日本メーカーの太陽光発電の場合は基本的には老舗のメーカーのものばかりで巣ので安心です。
そして海外のメーカーのものもありますが、大体一般的に販売されているのは貸与横行発電を昔から作ってきたメーカーですのでこちらも信頼できます。
普通取扱店で販売されているのはしっかりとしたメーカーのものばかりですので大丈夫なのです。
ただ、同じ信頼があってもそれぞれの住宅によって合うものと合わないものがありますのでそれはちゃんと把握してもらいたいと思います。
必ず相談をして合うものを設置してもらうようにしてください。
指宿で太陽光発電を設置するときにきをつけなければいけないのはこの点くらいです。
他は特に気にすることはありません。

]]>
/ibushuki-hikaku-kentou/hokatigai/feed/ 0